廃車の手順と費用

廃車の仕組みがだんだんと判ってきましたね、そこで今回は実際に廃車にする場合の手順とそれに掛かる費用についてお話したいと思います。
車を廃車にする時に全て自分でやるという人は中々見当たりません、自身が自動車関連のメーカーや整備工場などに就いていれば話は別ですが、大抵の場合廃車にするのであれば新しく車を買った業者等に車の処分までもお願いする事が多いでしょう。無料で行ってくれる所も有りますが、業者によっては数千円から三万円の間で手数料を支払わないといけません。では、自分でやる場合はどうなるかというと、安ければ数百円で済んでしまうのです。
抹消登録は普通自動車なら陸運支所、軽自動車なら軽自動車検査協会で手続きを行います。まず、永久抹消登録の場合、事前に車両の解体が行われている事が前提となります。解体費用は業者によって様々ですが、無料で行う所も有れば三万円近い費用が掛かる場合も有り、業者の選定が必要です。
noutopy_廃車さて、陸運支所に行く前に用意する物が、印鑑証明(三ヵ月以内の物)車検証、ナンバープレート、解体を行った証明になるメモ書きです。陸運支所では永久抹消登録申請書と言う申請用紙を購入しなければいけません。この申請用紙は陸運支所の用紙販売窓口で百円程度で購入できます。その用紙と手数料納付書、更には地域によっては不要ですが自動車税・自動車取得税申告書という書類に必要事項を記入しナンバープレートと一緒に提出するだけ。何と百円程度で終わってしまいました。
次に一時抹消登録ですが、この場合は解体の証明となるメモ書きは必要ありませんが、一時抹消登録に350円の印紙が掛かります。しかしそれだけ、ほんの数百円で一時抹消登録が行えてしまうのです。
費用も抑えられてそこまで手間も掛かりませんので、長年乗ってきた愛車ですから、最後の最後まで面倒を見てみるのも良いかもしれませんね。